天照御祖神社 通称伊勢神社

夏越祭

日 時  6月30日 午後4時
場 所  天照御祖神社(通称 伊勢神社)
初穂料  お一人様 1,000円

◎茅の輪は6月25日頃設置予定ですので、各自でおくぐりいただけます。
◎6月30日の神事に参列される際は、マスク着用、手指消毒のご協力をお願いします。
 風邪、発熱、咳・喉の痛み、倦怠感などの症状がある方は参列をお控え下さい。

申し込みは6月27日までに各自治会氏子総代あるいは直接神社社務所に申し込んで下さい。

氏子崇敬者各位には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は多大なるご奉賛、ご信心を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、恒例の夏越祭が近づいて参りました。この夏越祭は、蘇民将来の故事にならい、茅の輪をくぐり越えることにより罪穢れを祓い、疫病や災難を免れ無病息災を祈願するお祭りです。

【蘇民将来】
蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟がいた。ある時、武塔神(ぶとうしん)が旅の途中で二人に宿を願った。裕福な弟巨旦将来はこれを断り、貧しい兄蘇民将来は質素ながらも手厚くもてなした。後に再び武塔神は蘇民将来の家を訪れ、『もしこの地方に悪疫が流行ったなら、チガヤで作った輪を腰に着ければ悪疫を免れるであろう』とお告げをされた。やがて悪疫が流行し、巨旦将来一族は滅びてしまったが、蘇民将来一族は悪疫を免れ無事であった。武塔神はスサノオノミコトで、茅の輪を 以て疫病を避ける信仰が生まれた。

人形(ひとがた)

1、人形にはお名前と年齢をお書き下さい。
2、人形で各自の身体を撫でて下さい。
3、人形に息を三度吹きかけて下さい。
4、人形と初穂料を封筒に入れて、総代さん、もしくは神社へご持参下さい。

〒024-0004 岩手県北上市村崎野24-79-3
天照御祖神社(通称 伊勢神社) 社務所
電話 0197-66-2244